この機材はやっぱりCUBASE向けだよねっ!デザイン性、機能性はバッチリ♪値段はちょっと高めだけど、CUBASEファンなら揃えたいフィジカルコントローラーじゃないかなぁっ!

可愛い音楽素材│こんとどぅふぇ
可愛い音楽素材│こんとどぅふぇ

CUBASEユーザー必見!STEINBERG CC121レビュー評価っ!


どうも皆さまっ!HiLiです(@’ω’@)b
僕が持っているオススメな機材やソフトなどをハードル低めに紹介していこうと思っておりますっ!
ほとんど主観で書いてますが参考になれば幸いでございますっ(@’ω’@)b

さてさて、今回はっ!CUBASEユーザーにはかなりお勧めのDTM音楽機材を紹介したいと思います!
その名も「CC121」っ!コードギアスを思い出すような名前ですが!(C.Cではございませんっ)

「CC121」ってそもそも何~っ!?

DTM作業をかなり便利にできる「フィジカルコントローラー」と言われている部類の1つですっ(@’ω’@)b

「CC121」はCUBASE専用に設計されているみたいで、
EQとかフェーダー、ミュートの位置がCUBASEそのままになってますっ!
さすがSTEINBERG!!(YAMAHAの子会社)



画像を見てもらったら分かるように、色々なつまみやフェーダー、ボタンが付いていますっ!
これはCUBASEやその他のDTMソフトと同期連動しているので、
いちいちマウスで画面操作しなくても色々なコマンドが使えるということですっ!!

セッティングっ

実はここがめちゃくちゃ簡単なのが「CC121」の良い所ですねっ!
もう簡単に説明しちゃえば、

USBケーブルを指すだけでOKなんですっ!

あと細かな点と言えば、 モーターフェーダー(自動でフェーダーが動く機能)を使うには付属のアダプターを付けないと起動しませんっ!
それを使わない場合はUSBだけで電源供給されますので楽々ですっ!
(モーターフェーダーは使ったほうがいいのでアダプターさしたほうが良いです!w)

特におすすめな使い方っ

特におすすめなのが、再生ボタンや録音ボタンなどのトランスポート部分がかなり使いやすいですっ!
僕は、ギターを録音する時はいつもマウスを動かしながらギターを構える感じでかなりミスが目立っていました、、、
ただこの「CC121」はマウス操作よりも簡単なボタンが設置されていますので、

それによってリアルタイム録音がしやすいっ!

ということはミスが起こりにくくなりますので、作業の効率化がぐぐぐんっと上がっちゃいますっFOO!!(@’ω’@)b

その他、やっぱりこのフェーダー様ですかねっ!!1トラック分しかないですが、
DTMソフトで各トラックにマウスカーソルを合わせた時、
このフェーダー様も連動しているので一緒に設定されている位置へ自動的にスライドしてくれますっ!

フェーダーはやっぱりこの使い方っ!
パンなどをオートメーション(リアルタイムでフェーダーをいじって書き込むやつ)

参考動画っ!


この動画を見れば使い方が細かく説明してくれていますので是非見ちゃいましょうっ♪
さすがDTMmagazine様ですっ!僕の説明なんか鼻くそレベルだとこの段階でわかることでしょうっ!!w笑

コストパフォーマンスや必要性っ!

ここはなんとも難しい所ですっ!
値段は、サウンドハウスさんで

¥43,740(税込)

となっていますっ!
うーんっ!高いっ!高いよっ!実質高いっ!!
探せばもっと安いフィジカルコントローラーは山ほどありますっw

初心者の方はまず、CUBASEの操作にかなり慣れてきてからの購入でいいような気がしますっ!

効率を図るものなので、「CC121」を持っていなくても勿論マウスで全部で操作できます!
ただ、CUBASEに慣れている人からするとかなり使えるものだといえますっ!
CUBASEが大好きでお金に余裕のある方は一度購入してみてはどうでしょうかっ?
デザイン性も高いので音楽部屋などある方にもおすすめですっ!




あとは気分ですっ(@’ω’@)b(ぁ








↓良かったらシェアをお願いしますっ!サイト活性にご協力お願いいたしますっ!

この曲についてコメントをのこす

コメントを残す

VOCAL MATERIAL SELECT

どんな無料歌もの素材をさがす?

RPG MAKER SCENE

RPGツクールのシーンから探す

▲ トップへ